5月ももうすぐ終わりですね

日差しが日に日に強くなってきていますがいかがお過ごしでしょうか。

今月の前半には、院外レクリエーションで青島へ行ってきました。青島に到着し、食事を楽しんだあとにボタニックガーデンで季節の花に触れ、季節の移り変わりを感じてきました。その後、砂浜をみんなで歩き潮風を体に感じたり、なかには貝殻や流木を拾っている方もいました。

集めた貝殻と流木は今後の活動で使う。。。かもしれません。

今月後半は、利用者とスタッフで構成されている芳(かおる)太鼓の演奏会がありました。室内で聴く太鼓の音は力強く、院外で聴くときよりも体に響き元気をもらえました。コロナ禍以降、法人の祭り以外での発表がなかったので、太鼓のメンバーも嬉しそうにされていました。

今後もデイケアではいろいろなプログラムを実施していきます。ご興味のある方はお問い合わせください。

5月といえば

5月の初夏に旬を迎える魚と言えばカツオが有名です。

この時期のカツオは、初カツオと言って人気です☆

サクラやイサキやマスなど美味しい魚ばかりがいっぱいあります!

鯉のぼりが力強く泳ぐ季節になりました。

また寒暖差があるので薄手のカーデガンなど羽織るものが一枚あると心強いですね☆

日差しが強くなってくるので、日焼け止めなどの紫外線対策、更にこまめな

水分補給などの熱中症対策も忘れずに行っていきましょう☆

4月がスタートしました

4月になりました。新年度を迎え、進級、進学、就職、移動などで新生活がスタートしたという人も多いと思います。また、新しいことを始めるという人もおられると思います。今年度をいい1年にするためにもスタートを大切にしたいですね。しかし、春には気をつけないといけないことがあります。春は気圧の辺土が起こりやすいことや寒暖差が大きいことといった気候の変動が体調を崩す原因になることがあります。また、新年度がスタートしたことにより、学校や仕事、生活環境に変化が生じるため、不調の原因につながることがあります。

4月にかかった負担やストレスにより5月病といわれるような心の不調が起こることがあります。5月病とは環境の変化や新しい環境などにより心身の調子を崩し、体調が悪かったりやる気がでなかったりするような状態です。この5月病が悪化すると適応障害やうつ病につながることがあります。

今回はうつ病について少しお話します。うつ病の症状には精神面と身体症状があります。精神面の症状では興味や関心の低下、意欲低下、抑うつ、不安、焦燥などがあります。身体症状では不眠や過眠といった睡眠障害、倦怠感、易疲労感、食欲低下、過食などがあります。うつ病の種類としてはうつ状態が長期に持続する持続性の抑うつ障害、大きなストレスによって本人が適応できなくなる適応反応症のうつ状態、双極性障害のうつ状態などがあります。うつ病の治療方法には精神療法と薬物治療などがあります。

最後になりますが、4月にいいスタートをきるためにも寒暖差などの気候の変動に対応しやすい服装を着たり、趣味などで適度にストレスを減らしたりすることで5月病になりにくい生活を送るように心がけましょう。

シン・

新学期・新社会人・新居へのお引越し…など様々な「新しい」ことが控えている方も多いのではないでしょうか。

さて、つい先日発表された「メタボの新基準」についてご存知ですか?
メタボリックシンドローム(通称メタボ)とは内臓脂肪の過剰な蓄積に加え、高血圧や高血糖などの異常がみられる状態で、メタボ自体は直接的な病気ではありませんが、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる“動脈硬化”のリスクを高めることがわかっています。
そのため、メタボかどうかの判断にはお腹周りの数値が大きな目安として用いられてきました。

ところが、とある研究チームの発表によると現在の基準(男性腹囲85㎝以上・女性90㎝以上)ではメタボに該当しないとされ、結果心筋梗塞や脳卒中などの重大なリスクが見逃されてきたという事実があるそうです。
こうした研究結果を元に見直されたのが「メタボの新基準」なのです。

新生活を迎える季節、適度な運動などの「新習慣」を始めてみてはいかがでしょうか。

3月、4月に思う

令和6年を迎えて、お正月・成人式・節分・ひな祭りと色んな行事がめまぐるしくアッと

いう間に過ぎて、いつしか桜の開花が待ちどうしく感じられるこの頃です。

ニュースの桜開花予想日を見るたびに、九州より関東の方が先に咲くのはなんで?

と、気象予報士さんの解説を聞いても良く分からない(笑)

自然の力は不思議な事だらけです。

桜は旅立ちと出会いの象徴のように思えます。

卒業式や入学式、社会人としての新生活のスタートで、喜びも不安も押し寄せる中

背景には不思議と桜があります。

厳しい冬を乗り越えて開花した桜の花を見て心から美しいと感じられることはとても

幸せなことです。

数年前の3月下旬の雨の日、桜散る中、末っ子の一人娘が他県へ嫁ぐ姿を複雑な気持ちで

見送りました。寂しさがこみ上げて薄いピンク色の桜の花が真っ白に見えて周りの風景

までモノクロームに見えたあの日。喜びよりも寂しさが先立ち、淡々と普通に生活し続けた

日々。時間は薬とよく言ったもので何とか慣れましたし、何とかなった!!

今年3月のその頃に、家族が増えて里帰りしてくれます。

今年の桜はきっと濃いピンク色で喜びに溢れていることと思います。

皆様の瞳に桜の花がどんな風に映るでしょうか?

桜の開花が楽しみですね。

チョコレート効果

2024年もあっというまに1ヵ月が終わり、早いものでもう2月中旬です。

2月14日はバレンタインですね。厨房ではチョコレートのお菓子を食事につけました。

季節のイベントを楽しんでもらえたらうれしいです。

チョコレートにはカカオポリフェノールという栄養成分が含まれています。

・肌老化の防止

・動脈硬化の予防

・アレルギーの改善

・精神安定、リラックス

といった効果が期待できます。健康上の効果が特に期待できるのはカカオが70%以上含まれる

ハイカカオチョコレートです。日本チョコレートココア協会によると1日にハイカカオチョコレートを

5~10g程度の摂取で効果が得られたという報告があります。

健康に良いとはいえ、チョコレートは脂質や糖質が高いので食べ過ぎには注意してください。

話しは変わりますが、2月13日の献立にかぼちゃのいとこ煮を出しました。

その名の由来は

・めいめいに煮る→姪

・追々煮る→甥

・野菜や豆は畑でとられる→いとこ

など諸説あるそうです。

まだまだ寒さは続きます。風邪をひかないよう気を付けてがんばっていきましょう!

初詣に行きました☆

芳明館です♪ 早いものでもう2月になりました!

芳明館の1月のレクリエーションは毎年恒例の初詣に行きました☆

今回は利用者9名を連れて、都城の神柱宮というところに行ってきました!

みなさん、お願い事では「今年1年間健康に過ごせますように」「仕事ができますように」

「ダイエットが成功しますように」など、たくさんお願いごとをされていました!

スタッフも利用者も今年1年無事に健康で過ごせたら1番良いですね(^^♪

帰りは寒かったこともあり、みんなできりしま茶屋という、ご飯屋さんでお昼を食べました!

久しぶりの遠出のレクリエーションだったこともあり、利用者間の交流もできて良かったです、利用者からも

また行きたい、楽しかったなどの声が聞かれたのでとても良かったです☆

昨日はテレビで2月上旬からは花粉の飛散が本格化するとのことでした、早い所では1月下旬ころから飛散

している地域もあるそうです。花粉症対策としては、外出時はマスクを着用したり、花粉症用のメガネをつけたり

花粉が付着しにくい服装(ウールは付着しやすく、綿・ポリエステルは付着しにくい)を選んだりしてみてください

家に帰る前に、外で花粉を払い落としましょう。家に入ったら、うがいと洗顔をして喉と顔についた花粉を除去する

と良いそうです。定期的に換気や掃除機で掃除をすることも効果があるようなので試してみてください(^^♪

2024年がはじまりました

新しい年を迎え新たな気持ちになるところですが、今年は元旦からショックな事件がいくつかありました。ニュースで被災地の様子が流れるたび、いろいろ考えさせられる思いです。デイケアでもメンバーさんとの話題にあがり日頃の対策の大事さを話しているところです。

今年は暖冬といわれていますが、インフルエンザやコロナウイルス感染などで体調を崩す方々がいらっしゃるようです。うがい、手洗い、人が密集する環境下でのマスクの着用等とあわせて、抵抗力を落とさないために食事や睡眠などにも気をつけるよう、デイケアのメンバーさんとスタッフで日頃から話をしています。まだまだ寒い日も続きますがみんなで気を付けて乗り切っていきましょう。

今年も早稲田クリニック、職員一同よろしくおねがいいたします(◦▽◦)♪

ようやく冬らしくなりました☆

12月も残すところ後5日ですね。クリスマスにお正月と子供達には楽しい行事でも

大人にとっては、プレゼント買いや大掃除と大変な行事ですよね。

そんな感じにバタバタと動いて気が張っている時は病気になりませんが、ほっと気を

緩めるとその時にウイルスが入ってきやすいので、大掃除等はほどほどに頑張りすぎ

ない程度にしましょう。

でないと年明け早々寝込むことになってしまいます!!

皆様もご存知の事とは思いますが、改めて冬に多い病気をご紹介します。

〇ロタウイルス性下痢症(乳幼児嘔吐下痢症)

〇インフルエンザ

〇RSウイルス感染症

これらの原因となるウイルスは、乾燥と寒さが大好きなので、冬の風邪は高熱やひどい下痢

嘔吐といった症状が多いので加湿器を使用して乾燥を防ぐのも良いです。特に暖房を

使用している時はオススメです。

暖房によって空気が乾燥してしまうのを加湿器で防いでウイルス予防に役立てて

病気にならない様、お過ごしください!

風邪予防♪

今年も早いもので12月になりました☆

気温も下がり風邪をひきやすいこの時期、今月は風邪の予防に効果的な食べ物を紹介します!

冬に旬を迎える食材や寒い地域でとれる食材、地中で育つ「根菜類」は体を温める効果があると

言われています。「しょうが」や「かぼちゃ」「かぶ」「れんこん」「白ねぎ」「大根」など

冬が旬の野菜や根菜類を食事に取り入れてみるのもおすすめです☆

また唐辛子に含まれるカプサイシンやしょうがに含まれるジンゲロンは体を温める効果があります。

これから寒さも増して冬本番を迎えます。適度な運動、十分な睡眠、栄養バランスのとれた

食事で、風邪を予防していきましょう♪