寒さ・乾燥に注意!

11月も中旬に差し掛かり、日に日に寒い日が増えてきました。気付けば今年も残すところ1ヶ月半ほどになりましたね。

考えてみれば昨年の今頃はもっと寒かった記憶があります。今年の夏は記録的な猛暑日が多かったため、冬は記録的な寒波がくるのではないかと身構えています。

実は冬にも熱中症になる方は少なくないようです。寒さでトイレに行く回数は増えるけれども、水分は摂取しない。また、コーヒーなどのカフェインが利尿を促し、トイレへ行く回数が増える。戻ってきて温かいコーヒーを飲む…と悪循環になっているかもしれません。

寒くなってきている今日この頃ですが、お茶やお水などの水分補給を忘れずに行いましょう!

冬になると乾燥が目立ってきます。手のスキンケアを忘れずに行いましょう。私は夜寝る前にハンドクリームを塗ります。職業柄、患者さんに触れる機会が多く、手を洗う回数も一日10回以上に上るので、手洗い後のスキンケアは欠かせません。

「手はその人の人生を語る」「手に年は隠せない」と言われます。仕事をし、結婚し、出産、子育て、食事を作り、掃除、洗濯をする…特に女性は手を使うことが多いと思います。誰に見られても「綺麗な手だね」と言われるように皺々になっていくかもしれませんが、しっとりと柔らかい皺を刻んでいきたい。そのためにも美しい手でありたいと思います。

最後にハンドクリームの効果的な塗り方をテレビで放送されていたのでご紹介します。(必ずしも正しいやり方ではないので、お試しにどうぞ)

①最初に手を温めます。➁お湯に手をつけて温めても、ホットタオルでも。③水分を拭き取り、すぐに化粧水をつけ、馴染ませます。④手のひらにたっぷりとクリームをとる。⑤両手を合わせてクリームを温め、次に手の甲に塗る。そのときに、縦方向(指の方向)へ塗るのではなく、手の甲に直角に、反対側の手で包み込むように馴染ませていきます。強く擦り込むのではなく、優しく優しく。⑥そして指も包み込むように、指と指の間、爪の周りにもまんべんなく丁寧に塗ります。

hand_cream_woman.png (662×800)

ハンドクリームを塗る時間をほっと一息の休憩にしてみてはどうでしょうか。

防災の日

こんにちは。9月1日は「防災の日」でした。

当院では災害に備え、非常食を準備しています。

9月の献立にはその非常食を提供しました。

職員にも試食してもらい、災害時の備えについて考えるいい機会になったのではないでしょうか。

災害はいつ起こるかわかりません。非常用持ち出し袋に食料・水・簡易トイレなどを用意しておきましょう。

非常時の家族との連絡手段・集合場所なども今一度確認しておきましょう!

saigai_mochidashi_bag_kakunin_family.png (450×450)

熱中症警戒アラート

毎年、例年にない暑さになっており、各地では「熱中症警戒アラート」が環境省と気象庁から発表されています。

熱中症の危険性が極めて高くなると予想された際に、危険な暑さの注意を呼びかけ、熱中症予防を取っていただくよう促す為の情報です。

car_summer_atsui.png (731×800)

8月初旬の日中。私が車に乗った際、いつもは36℃程度の外気温の表示が、その日はかなり暑く、40℃の表示を示しており、驚きました。

気分が悪くなるような暑さを感じ、その日の夜は体に熱がこもったような感覚があり、なかなか寝付けませんでした。

「熱中症警戒アラート」の情報に注意し、暑い時間帯は外出を避けたり、首元にひんやりしたタオルを巻いたりして対策するといいかもしれませんね!

8月7日は「立秋」。暦上では秋を迎えましたが、本格的な秋が訪れるのは、まだまだ先のようです。

これからも暑さには十分に気を付けましょう!

eakon_reibou.png (724×800)

夏の過ごしかた

これまでの蒸し暑さから乾いた暑さに代わるこの時期、体調管理には十分に気をつけて過ごしていきましょう!

summer_necchusyou_mask_boy.png (863×902)

8月に入ればだんだんと過ごしやすい日も増えてきますが、油断は禁物!!

特にこの時期は「熱中症」に注意が必要です。

体温が上がり、、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などの様々な症状を起こす病気のことです。

熱中症にきく食べ物としてビタミンB1が豊富に含まれている「豚肉」「豆腐」「味噌」がおすすめです。ぜひ参考にしてください。

充分な睡眠、おいしい食事、適度な運動(リハビリ)で熱中症を予防していきましょう!

natsubate_dog.png (690×652)

今年も残り半年を切りました。

一日も早いコロナ終息を願いつつ、健康な体で過ごしていきましょう!

梅雨明け

「最も短い梅雨」が明けましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、徐々に緩和されつつあるとはいえ、まだまだマスク着用が必要な場面は多いですよね。
そんな中で心配されるのが、やはり熱中症です。

めまいや頭痛といったものから、意識障害などの重い症状を引き起こすこともある熱中症。
暑さを感じにくくなっている高齢者の方、自分で症状に気付きにくいお子様など、周囲の人が熱中症であることを見抜く必要があるようです。
また、日中のイメージが強い熱中症ですが、夜間に発症することもあるそうですよ。

のどが渇く前にこまめに水分補給をする、適切に冷房を利用する、たくさん汗をかいた時には水分はもちろん、おせんべいやスナック菓子で塩分補給をすることも重要です。

夏本番を迎える前に、熱中症対策や応急処置についてもう一度確認しておくことも大事かもしれませんね。

梅雨入りが延びています

_ajisai_niji.png (567×593)

あじさいの花が咲き始めましたね

梅雨入りに向けて準備をしていきましょう

毎日が雨で憂鬱になりますよね

部屋でゴロゴロせずに除湿器をかけてこまめに掃除をしましょう

体調を崩さないように生活リズムを整えましょう

先日、病棟ではじゃんけん大会を行いました。

日頃居室で過ごされる方も全員参加され、大変盛り上がり、大好評でした。

ちょっとしたゲーム等取り入れて気分をリフレッシュさせましょう!

bug_character_katatsumuri.png (662×627)

まだまだコロナが続きます。手洗い・マスク等忘れずに気を引き締めて頑張りましょう!

雨が続くと…

雨が続いていますね。

こんな時期は憂鬱になりやすいですよね…

気分が落ち込んだ時は、自分なりのストレス解決方法を探しにいくのも1つの手です。

ちなみに私は曜日を指定して2時間程度の運動を行うようにしています。

運動をしていると、ゆっくりと物事を考えることが出来たり、深く考えていたことを忘れて運動に集中したりと

ストレスとのうまい付き合い方がみつかるかもしれません♪

また休日の早朝に爽やかな空気を吸って、リフレッシュすることも日課になりつつあります。

まだまだ新型コロナウイルス感染症が続いており、思うようにリフレッシュやストレスとの上手な

付き合い方が出来ずに満足いかないことがあるとは思いますが、いつかは終息がくることを信じて

手洗い・うがい・消毒まで忘れずにしっかり行っていきましょう!

意外な…

もうすぐ3月を迎えますが、寒い日が続きますね。

さて、全国的な感染者数は減少傾向にありますが、所謂「ステルスオミクロン」の市中感染確認や、宮崎県としてはまん延防止等重点措置の延長が決まるなど、まだまだ新型コロナウイルスの収束の兆しは見えません。
春を迎える頃には少しでも状況が明るく、暖かくなることを願います。

先日院内にて感染症対策の勉強会が行われました。
感染とは何か、手洗いの順番、飛沫感染や空気感染の違い等改めて知る機会になると共に、意外な感染症予防策として「手荒れを防ぐこと」が挙げられました。
手荒れによって手指が乾燥している場合、アルコール消毒が痛いと感じ、それを避ける方もいらっしゃると思います。しかしこの状態では手指の雑菌が繁殖し、菌の温床になるそうです。
まずはしっかりと手を洗い、清潔な手をハンドクリームで保湿する。そうして手荒れを治していくことが、感染症予防につながるということでした。
意外な予防策ですが、大切な一歩として、手指のケアをもう一度見直してみませんか。

雨が続きますね

台風9号が過ぎ去りましたが、雨が続いています。
台風の発生による気圧の変化が、頭痛を引き起こすこともあるようです。


そんな時はホットタオルで耳を温める、酔い止めを服用する、等の予防策があります。
秋にかけて台風の発生が続きそうですが、対策を知っておくことで心が楽になるかもしれませんね。

オリンピックは閉幕しましたが、甲子園やパラリンピックなどまだまだ楽しみが続きます。
手洗い・うがい・消毒をしっかりして、お家で観戦・応援しましょう!

居宅介護支援事業所「すずらん」です!

初めまして、居宅介護支援事業所「すずらん」です!

10月も半分が過ぎ、早いもので今年も残り2か月となりました。時間の経過は早いですね。

これから本格的に冷え込み、乾燥する季節となります。
手洗い、うがいなどしっかり感染対策をして、風邪や体調不良の予防に努めましょう!

私たちケアマネージャーは高齢者の方とかかわる仕事が主となります。
涼しくなってきたとはいえ、
高齢者の方は「隠れ脱水」に注意です!
毎日適切な水分補給を心がけましょう。